Search Engine OptimizationSEO(エスイーオー)

SEO(エスイーオー) Search Engine Optimization

SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字で、直訳すると「検索エンジン最適化」となります。

グーグルやヤフーなどの検索サイトで、検索結果のページ順位を上げるテクニック群の総称です。

検索結果で上位に表示されればされるほどそのページに訪れるユーザー数が増加するため、商用サイトでは欠かすことのできない対策になっています。

検索順位の決め方は各検索サイトごとに独自のアルゴリズムと言われているプログラムで決定されています。このアルゴリズムは一般に公開されていませんので、ホームページのどの要素が上位表示に効果があるかは基本的に不明です。しかし「ページ内容」と「被リンク数」が大きな要素であることは間違いないようです。

「ページ内容」はウェブページを自動的に調査するクローラと呼ばれるプログラムによってデーターベース化されています。人間が見て、いくら綺麗で見やすく説得力のあるページであっても、クローラはプログラムですから、人間が感じたり納得するような情報は収集できません。クローラーがデーターベースに記録する項目は、「ページタイトル」、「説明文」、「キーワード」、「見出し」、「文章」といった「文書情報・構造」要素です。「文書情報・構造」はHTMLのWeb標準で厳密に規定されいますので、プログラムであるクローラはその規則に基づいてページの内容を機械的に記録していきます。人間もブラウザを通して「タイトル」や「見出し」「文章」は見ることが出来ますが、「説明文」や「キーワード」は見られない要素で、人間ではなくクローラ用に設定する必要があります。

「被リンク数」は対象のページに価値があれば、外部サイトへのリンク数が多いだろうとの認識から重視されています。また、リンクをしているサイトの信頼度も重要です。一般の方のブログからのリンクよりもグーグルやヤフーなどの信頼のおけるサイトからのリンクのほうが評価されています。グーグルの「ページランク」がサイトの信頼度の指標と言われています。

具体的なSEO対策の項目は以下の通りです。


内部SEO対策(ページ内容)

●キーワードの選択 ●構造の適正化 ●タイトル ●説明 ●キーワード ●見出し ●サイト内リンク ●W3C CSSチェック ●W3C HTMLチェック ●外部発リンク


外部SEO対策(被リンク)

●大手ポータルサイトのカテゴリ登録 ●相互リンク ●プレスリリース ●ソーシャルブックマーク ●フェイスブック ●グーグルプレイス


クローラSEO対策

●グーグルウェブマスター ●ページ更新頻度 ●XLMサイトマップ ●URLの取得時期 ●URLの正規化 ●robots.txt


Webの基礎知識
■最新情報■
目標プロセス分析シート
( 2012.03.16)
ホームページを公開していると、サイトオーナーにはSEOコンサルタントやインター...

ico からのお知らせ (2)

最新ウェブNEWS (3)

ウェブ基本用語 (7)

ウェブの技術 (6)

ホームページ制作計画 (7)

ウェブデザイン (0)

ウェブビジネス (1)

SEO対策 (3)

このサイトの文章・画像その他の情報の著作権は「ico(アイ・シー・オー)」に属しています。 このページに掲載の文章や写真の無断転載を禁じます。
COPYRIGHTS (C) 2012 For internet communication office ALL RIGHTS RESERVED.