Consumer Generated MediaCGM(シージーエム)

Consumer Generated Media コンシューマー・ジェネレイテッド・メディア
日本語では「消費者生成メディア」と訳されています。ジェネレイテッドを直訳すると「生成」ですが、「投稿」のほうが現実を表している気がします。

言葉からでは連想しづらいかも知れませんが、消費者の投稿が主なコンテンツになっているサイト、例えば「価格コム」「食べログ」など実際の事例を挙げた方が解りやすいでしょう。

企業が直接発信する今までの広告メディアを補完する役割として、非常に重要なメディアになっていますが、消費者の立場からするとCGMの方が重視されている傾向にあるようです。

その他にもナレッジコミュニティ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、動画共有サービスなどもCGMと言われています。

口コミを中心としたサイトは企業にとっても消費者の生の声を知ることができる貴重なメディアです。企業イメージを損なう書き込みを気にするよりも、そうした感想をもったユーザーが居ること自体を真摯に受け止めるべきでしょう。

逆に商品やサービスへの高評価が企業イメージを高める場合も多くあり、消費者の生の声を知るメディアとして接したいものです。


主なCGMサイト

口コミサイト系
食べログ http://tabelog.com/
価格コム http://kakaku.com/

ナレッジコミュニティ系
Yahoo!知恵袋 http://chiebukuro.yahoo.co.jp/
OKWave http://okwave.jp/
人力検索はてな http://q.hatena.ne.jp/

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)系
mixi http://mixi.jp/
Twitter http://twitter.jp/
Facebook http://ja-jp.facebook.com/

動画共有サービス系
youtube http://www.youtube.com/
ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/


Webの基礎知識
■最新情報■
目標プロセス分析シート
( 2012.03.16)
ホームページを公開していると、サイトオーナーにはSEOコンサルタントやインター...

ico からのお知らせ (2)

最新ウェブNEWS (3)

ウェブ基本用語 (7)

ウェブの技術 (6)

ホームページ制作計画 (7)

ウェブデザイン (0)

ウェブビジネス (1)

SEO対策 (3)

このサイトの文章・画像その他の情報の著作権は「ico(アイ・シー・オー)」に属しています。 このページに掲載の文章や写真の無断転載を禁じます。
COPYRIGHTS (C) 2012 For internet communication office ALL RIGHTS RESERVED.