Content Management SystemCMS(シーエムエス)

CMSとはContent Management Systemの略称でシーエムエスと読み、日本語では「コンテンツ管理システム」と訳されています。
ホームページ・ウェブサイトを構成する文章や画像、レイアウトデザインなどをデーターベース化して統一的に保存・管理し、ページの作成や更新を自動的に行い、ウェブサイトを構築するソフトウェアのことです。

このように書くと何やら小難しく大型サイト向けのシステムのように思われるかも知れません。確かにヤフーなどのポータルサイトや新聞社のサイトなどは昔から大規模なCMSを利用してサイトを構築しています。しかし、現在では非常に身近で扱いやすい存在になっています。

身近な例としては、ブログやミクシィーなどのSNSもCMSの一種です。ブログやSNSで日記を書いたり、画像を埋め込んだり、カテゴリーを設定している方はCMSをもう使用している、使いこなしていると言えるでしょう。

もちろん、ブログのようにタイトルと本文と写真選択の入力だけではウェブサイトは構築できませんが、事前にデザインや必要項目を設定しておけば、ブログの日記入力と同じ方法で、一つのページ・コンテンツが作成できます。

例えばネットショップでは、「商品名」「価格」「商品説明文」「各スペック」「カテゴリー分類」などの入力欄を作成し、そこに入力または選択して、「作成」ボタンを押せば新しい商品ページが自動的に作成されます。これと同時に、その商品ページの写真やリンクをトップページの新商品コーナーに表示したり、商品一覧ページに自動的に追加することも可能です。

このように、ホームページ作成時の大幅な省力化が実現されるため、ホームページを作成するHTMLやCSSの十分なスキルを持つ担当者がいなかったり、ホームページ専任の社員を置けないような一般的な中小企業やショップのウェブサイトこそCMSで構築すべきだと考えています。

ちなみに、このicoのウェブサイトもすべてCMSで作成しています。


SEO対策や携帯・スマートフォン、Facebook、Twitterとの連動も可能

CMSはSEOの内部対策にも有効です。
タイトルやキーワード、ディスクリプション、見出しH1要素を一つ一つのページに入れ込む作業は結構手間のかかるものです。これら内部対策の基本もページ作成時に自動的に作り込むことが可能です。

また、「文章」「画像」をデーターベース化しているため、パソコン用のページと同じ内容を携帯やスマートフォン用のページに変換したり、Facebook、Twitterに自動的に反映することもできます。パソコン用に作った内容を、再び同じような作業を繰り返して携帯やスマートフォンに仕立てる必要が無くなるわけです。


Webの基礎知識
■最新情報■
目標プロセス分析シート
( 2012.03.16)
ホームページを公開していると、サイトオーナーにはSEOコンサルタントやインター...

ico からのお知らせ (2)

最新ウェブNEWS (3)

ウェブ基本用語 (7)

ウェブの技術 (6)

ホームページ制作計画 (7)

ウェブデザイン (0)

ウェブビジネス (1)

SEO対策 (3)

このサイトの文章・画像その他の情報の著作権は「ico(アイ・シー・オー)」に属しています。 このページに掲載の文章や写真の無断転載を禁じます。
COPYRIGHTS (C) 2012 For internet communication office ALL RIGHTS RESERVED.