GIF,JPEG,PNG画像フォーマット

ホームページ・ウェブサイトで使用されている画像フォーマットは主にGIF(ジフ),JPEG(ジェイペグ),PNG(ピング)の3種類です。
それぞれに有効な特性があり、現在のホームページ・ウェブサイト作成には欠かすことが出来ないフォーマットです。


GIF(ジフ Graphics Interchange Format )

表示を256色に限定しているため、圧縮率が高くファイルが小さくなります。色数が少ないイラストやマーク・ロゴ、アイコンに良く使われています。逆に256色しか表示しないため、滑らかなグラデーションが多い写真などには向きません。
圧縮率が高くファイルが軽くなるため、電話回線などナローバンド時代には良く使われていましたが、ブロードバンド全盛の現在では地位が低下しています。

■表示色:256色
■圧縮方法:可逆圧縮 
■透過機能:1色 画像の一部を表示させない透過機能があるため、背景画像と重ねてた表示が可能
■アニメーション:複数の画像を一つのファイルに保存することで簡単なアニメーションが作成可能
■インターレース機能:全体をダウンロードしなくてもイメージの確認ができる


JPEG(ジェイペグ Joint Photographic Experts Group)

表示色が1670万色と多いため、写真や多色使いのイラストなど微妙な色合いの画像に適した形式です。しかし、美しく写真を見せる以外の機能はほとんどなく、写真専用として使用されることが多いようです。
また、圧縮方法が非可逆圧縮と言って、本来の画像の要素を省いて圧縮するため、JPEG方式で圧縮した画像を再度加工するとどんどん画像が劣化していきます。一度JPEG方式で圧縮した画像は加工や変更には不向きです。

■表示色:1670万色
■圧縮方法:非可逆圧縮 
■透過機能:無し
■アニメーション:無し
■インターレース機能:可能


PNG(ピング Portable Network Graphics)

ホームページ・ウェブサイトで使われることを目指して開発された、WWWに関する標準化団体W3Cによって推奨されている、新しく出来た画像フォーマットです。
280兆色と十分すぎるほどの色数が表示でき、可逆性で透明度を指定できるアルファチャンネルが使えるなど高機能性に特徴がありますが、あまり普及していません。
普及していない理由として、古いブラウザが未対応だったとか、色数が少ない画像はGIF、写真はJPEGのほうがファイルが軽くなることが挙げられます。写真の一部を透明化する必要がある場合に使用されることが多いようです。

■表示色:280兆色
■圧縮方法:可逆圧縮 
■透過機能:1色+アルファチャンネル
■アニメーション:無し
■インターレース機能:可能


Webの基礎知識
■最新情報■
目標プロセス分析シート
( 2012.03.16)
ホームページを公開していると、サイトオーナーにはSEOコンサルタントやインター...

ico からのお知らせ (2)

最新ウェブNEWS (3)

ウェブ基本用語 (7)

ウェブの技術 (6)

ホームページ制作計画 (7)

ウェブデザイン (0)

ウェブビジネス (1)

SEO対策 (3)

このサイトの文章・画像その他の情報の著作権は「ico(アイ・シー・オー)」に属しています。 このページに掲載の文章や写真の無断転載を禁じます。
COPYRIGHTS (C) 2012 For internet communication office ALL RIGHTS RESERVED.